株式会社内富海苔店-山口県周南市企業情報データベース「じゃから、周南」

TOP > 周南市を拠点に頑張る企業 > 株式会社内富海苔店

株式会社内富海苔店

株式会社内富海苔店

【本社】 〒746-0811 山口県周南市五月町
食品加工卸業(海苔、調味料他)
山口県が誇る名産品を販売
 同社は、周南市の郊外に位置する地元山口県産の海苔や調味料を卸売り及び小売する企業である。販売商品は同社のオリジナル商品が中心で、「甘露しょうゆ海苔」や「しそかんろ」「蒲鉾の友」など、全国レベルの賞や認定を多く受けており、山口県の名産品となっている。
 同社は1956年(昭和31年)に創業者が周南市西辻(現辻町)にて開設した後、高度経済成長期の時代に入り、1971年(昭和46年)に周南バイパス(現国道2号線)の工事を機に、現在の五月町に移転。当時の五月町は旧徳山市(現周南市)の郊外に位置しており、まだ周りには小さな工場以外、何もなかった環境だった。
 当初、創業者自ら飲食店等に商品を卸していたが、味付けのりの普及とともに一般販売店にも販売チャンネルが拡大していった。「海苔は歴史のある日本の伝統的な食品なので、それほど大きく景気などに左右される商品ではありませんが、近年の食の多様化や消費者需要の減少で思うほど順調に業績を伸ばしては来られませんでした。」と二代目の内富一郎社長は語る。同業他社も同じような状況で、商材も他と代わり映えしないものが多かったようだ。
内富一郎社長内富一郎社長

社屋全景社屋全景

他社との差別化を実施。“ここにしかないもの”
 内富社長は、同じような商品が多い中、大手企業と勝負しても仕方ないし、他と差別化できる商材はないかと考えた。そして、地元山口県の特産品に目を付け、オリジナル商品の開発に取り掛かった。自社のスタンスを改めて考えた時、自分の地元にある材料で商品を作れないかと考えたのである。
 “ここにしかないもの”というコンセプトで、味付け海苔のタレとなる醤油に、山口県柳井市に約200年前から伝わる甘露醤油を使用した。また、塩は瀬戸内海の天然塩を使用して風味豊かな「甘露しょうゆ海苔」を完成し商品化した。甘露醤油は、会社の所在する周南市の老舗醤油店、福原醤油で醸造したものを使い、その芳醇かつまろやかな味わいで封を開けると漂ってくるお醤油の香りが心地良い商品である。海苔は有明海や瀬戸内で採れる11月から12月頃の早い時期のものを使用した。姉妹品として、紫蘇を漬け込み甘露醤油で仕上げた豊かな紫蘇の香りと芳醇な甘露醤油の味わいの味付け海苔である「しそかんろ」も商品化した。
 通常味付け海苔は唐辛子を使用して光沢を出しているが、同社の海苔は素材の味わいを生かすために唐辛子を使用していない。これは、創業者が子どもにも安心して海苔を食べてもらいたいとの思いから苦心惨憺の末に作り上げたもので、上品で穏やかな風味、ご飯といっしょに食べるとお米本来の味を教えてくれる商品である。
 ご当地産品がクローズアップされ始める時期とも重なり、「甘露しょうゆ海苔」は、2007年(平成16年)全国漁業協同組合連合会会長賞、姉妹品の「しそかんろ」は、2005年(平成14年)水産庁長官賞、2010年(平成22年)には東京都知事賞を受賞した。また、2007年(平成16年)には山口県が推奨する水産加工品ブランドの「山口海物語」認定製品にも選ばれた。そして2商品とも、地元の周南市特産品推進協議会から2009年(平成21年)周南市特産品の認定を受け、山口県が誇る逸品の地位を確立した。
 その他、明治時代より続く全国有数の海苔産地である山口県宇部岬産の海苔を、同社独自の製法で焼き上げた「焼のり」がある。原料は乾し海苔だけで、余計なものは一切ない真っ直ぐで本物の海苔である。
甘露しょうゆ海苔甘露しょうゆ海苔

しそかんろしそかんろ

山口県産焼きのり山口県産焼きのり

オリジナルな新発想と行動力で躍進
 2004年(平成16年)、会社の周辺が整備されることと同時に小売できる店舗を新設した。立地は今でもそれほど良くないが、常連のお客さんが訪れる。また、アンテナショップとしての機能を持ち、小売や通信販売の仕入れを担当するバイヤーも訪れる。
店舗の新設時、商品が海苔だけでは寂しいと思い以前から興味があった調味料の開発も進行する。甘露醤油で海苔を商品化したことから、その逆の発想で、「蒲鉾の友」という醤油のオリジナル商品を開発した。宇部沖で採れた山口県産海苔を独自の製法で焼き上げ、福原醤油の甘露しょうゆにじっくり漬け込んだ。この商品は、海の薫りを楽しめるのが特徴で、特にかまぼこ、刺身、煮物、お漬物との相性は最高である。海苔だけに含まれるとされる旨み成分を活かしている。この「蒲鉾の友」は、財団法人周南地域地場産業振興センターの「周南ものづくりブランド」第4号認定製品に選ばれた。今後は山口県産かまぼこと連携して販売を展開していく予定である。
 地元のネットワークを大切に、オリジナルの発想で、自ら開発・行動していく地元企業である。
店舗店舗

蒲鉾の友蒲鉾の友

~取材日:2012年4月~

企業情報検索