じゃから、周南とは|山口県周南市企業情報データベース「じゃから、周南」

店舗検索閉じる

コンビナートのまち周南

周南コンビナートの生い立ち

周南コンビナートの起源は、明治時代に旧海軍の石炭燃料基地が設けられたことまでさかのぼります。

海軍練炭製造所 ~海軍の燃料技術発祥の地・徳山~

明治37年2月に勃発した日露戦争に対処するため、海軍は煉炭製造所設立を決定しますが、山口県内の適地の中から優れた港湾条件が特に評価され、明治38年4月に海軍練炭製造所の徳山設置が決定しました。

徳山が候補地にあげられたきっかけは、徳山出身の陸軍大臣児玉源太郎の尽力によると伝えられています。

大正10年には、海軍煉炭製造所の改組拡張により、煉炭部・製油部・研究部等から成る海軍燃料廠が開庁、海軍の軍需用石油精製成拠点となりました。

日本曹達工業の進出 ~岩井勝次郎氏と岩瀬徳三郎氏~

大正7年、岩井勝次郎氏によって、現在の(株)トクヤマの前進、日本曹達工業が進出しました。これが、現在まで続く周南コンビナートの先駆けとなりますが、その後、日本曹達工業は、徳山曹達と社名を変更し、現在の(株)トクヤマになりました。

また、東ソーの前身となる東洋曹達は、昭和10年、日本曹達工業の工場長でもあった岩瀬徳三郎が退職して、隣町である旧新南陽市に設立しました。

国内のソーダ事業の先駆者である岩井勝次郎氏と岩瀬徳三郎氏によって設立された両社は、それぞれソーダ事業に取り組み、ともに新たな分野にも事業を拡大しながら、共に周南コンビナートを形成し、世界的な企業へと成長しました。この国内のソーダ事業を代表する東ソー(株)と(株)トクヤマが、いずれも周南市で創業したということは、周南コンビナートの大きな特色となっています。

戦後の発展

第二次世界大戦の大空襲で徳山海軍燃料廠は壊滅しましたが、出光興産が、その跡地の払下を受け、昭和31年に当時日本最大規模の徳山製油所の建設に着手し、周南石油コンビナート形成の口火を切ることになります。続いて、日本ゼオン徳山工場が操業を始めました。

その後、昭和39年にはこの地域が、「工業整備特別地域」に指定され、重化学工業の拠点としての本格的な整備が進むとともに、周辺・隣接地域においては輸送機械をはじめとする多様な産業が展開してきました。

また、徳山下松港は、昭和40年に特定重要港湾に指定されました。

以上のように、わが国のコンビナートの中でも特に長い歴史を有する周南コンビナートは、港湾の発展と密接に絡みあいながら発展してきました。

(参考文献:中国地方の工場立地130年の歩み)

周南コンビナートの特徴

周南コンビナート地域は、石油精製、石油化学をはじめ、無機化学、鉄鋼、セメントなどの多彩な基礎素材型産業が集積していますが、周南独自の特徴としては、苛性ソーダの生産を軸とする無機化学と石油精製と連動した有機化学(石油化学)が融合したコンビナートとして、多種多様な化学製品を生み出しているということです。生産物は、中間資材が多く、様々な機能性材料や、バイオ関連材料、電気・電子部品用素材など、高付加価値の新素材を供給しています。

  1. コンビナートの生産品目~多種多彩な基礎的素材と製品群の創出~
    周南コンビナートでは、無機化学と有機化学が融合する複合化学コンビナートとしての特徴を発揮し、多種多彩な基礎的素材とそれを原材料とする化学製品群を産み出している。その特徴は次のとおりである。
    • 無機化学において、苛性ソーダの生産量が全国有数
    • 石油(有機)化学において、全国有数のエチレンセンター
    • 大量のエチレンを起点にした有機基礎素材を産出。強い競争力を有する塩化ビニルモノマーの生産量は全国一
    • 塩化ビニルモノマーの生産において無機化学の副生物である大量の塩素が利用されるなど、無機化学と石油(有機)化学が融合
    • 無機化学系及び有機化学系の基礎素材を利用した多種多彩な製品(多結晶シリコン、窒化アルミニウム、シリカ、石英ガラスなど、先端的な電気・電子産業に用いられる素材や自動車・産業用資材のための樹脂原料、医療用製品・素材、衣料・スポーツ用品などの先端的な素材)の生産
  2. その他の特徴
    ①自家発電
    周南コンビナートでは、無機化学における苛性ソーダの工程において、電気分解のために安価な電力を大量に必要とすることから、企業による自家発電が拡大した。その発電量は第2位の四日市コンビナートの約1.8倍と他のコンビナートを大きく超えている。

    ②副生水素
    苛性ソーダ生産工程において、電気分解によって純度の高い水素が発生する。全国の推定水素供給可能量は62.9億Nm3であり、その内の8. 9億Nm3が山口県分となっている。この副生水素の発生能力はわが国第1位であり、県ではこれに着目し、2004年に「水素フロンティア山口推進構想」を策定している。

    ③環境事業の展開
    周南コンビナートは構造改革特区制度の中で「環境対応型コンビナート特区」としての取組を行ってきた。また、周南市は「山口エコタウン」の構成地域となっており、資源リサイクル事業、省エネルギー、新エネルギーへの取組が盛んである。

    ④地球環境問題からみたコンビナートの課題
    周南コンビナートの各企業は非常に高いエネルギー効率を実現しているが、基礎素材型産業がエネルギー多消費型の産業であり、二酸化炭素排出量が非常に大きいことから、省エネルギーと二酸化炭素排出量の削減が今後の大きな対応課題となっている。
ページの先頭へ